試作用の基板の見積もり

試作用の基板の見積もり

試作用の基板の見積もり 試作用にプリント基板を注文する場合、まずは業者に見積もりを出してもらいましょう。
プリント基板は組み込む製品によって回路が異なりますから、値段は一律ではありません。
そこで、具体的に費用がいくらになるのかを知るためには、実際に作ってもらいたいプリント基板の情報を業者に伝えて見積もりを出してもらわないとわかりません。
ただ、一応は業者のホームページで目安となる費用が掲示されていることがありますから、事前にある程度知っておきたいならそれを見ておくと良いです。
業者によって単価の決め方が異なりますが、具体的にどのように費用を算定していくかの基準を示している業者もあります。
そういった業者であれば、見積もりを出してもらう前でも比較的正確な費用がわかります。
後は、納期に応じて費用が異なるケースもあります。
急ぎの場合は費用が何割増しかになるといった感じです。
これについても取り入れている業者は費用体系を示していますので、チェックしてみてください。

試作用のプリント基板の見積もりにかかる時間とは

試作用のプリント基板の見積もりにかかる時間とは 電子回路が完成した後は、回路が仕様通りに動くか否かを検証するための実機が必要になります。
実機はプリント基板を設計して、完成した基板に電子部品を実装、通電を行ってのテストになります。
電子機器を開発する時には、プリント基板の試作品を何度となく作る事になります。
1度で完成するケースは少なく、実機テストと回路変更、基板のパターン変更などを繰り返して販売可能な製品が誕生します。
プリント基板の試作品を作る時に外部委託を行うケースは多くあります。
基板設計は電子回路に基づき進める開発になりますが、CADを利用しても手間や時間が多くかかる作業です。
見積もりにかかる時間は、電子部品の数などに応じて変わります。
その理由は、試作用のプリント基板を設計する工数は時間などではなく、部品のピン数などで決まるからです。
基板に実装する電子部品のピン数を調べる事で見積もりを作成する事が出来るようになるため、部品リストを提供すれば見積もりにかかる時間を短縮する事が出来ます。

新着情報

◎2018/7/5

プリント基板の製品化まで
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

自動見積もりの活用例
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

試作用の基板の見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基盤 見積もり」
に関連するツイート
Twitter