試作用プリント基板に関する情報が満載!

試作用のプリント基板の発注の納期はどれぐらい?

試作用のプリント基板の発注の納期はどれぐらい? 試作用のプリント基板を業者に発注した場合、納期にどのくらいの日数がかかるかは業者によって異なります。
もし急いでいるのであれば、短期間で請け負い可能な業者を利用すると良いでしょう。
国内には多数のプリント基板製造業者が存在していますが、最短1日で請け負い可能な業者も存在しています。
これならば、すぐに試作品が必要である場合でも需要を満たすことができます。
試作を積極的に取り扱ってくれる業者であれば、1枚からでも注文に応じてもらうことができますし、料金設定も安さを追求しているところならば短納期で納めてもらえるだけではなく、コストも抑えることが可能です。
国内の業者なら海外業者を利用するより速く届けてもらえますが、料金が少し高くなる点が気になる所です。
しかし、国内業者でも低価格を追求しているところならば、安価な海外業者にも負けず劣らずのところも少なからず存在していますので、見積もりを出してもらうなどして比較してみましょう。

試作用のプリント基板を短納期で依頼するときにかかる期間

試作用のプリント基板を短納期で依頼するときにかかる期間 プリント基板の納期は基板の規模や数量のほか業者によっても異なりますが、簡素な基板で試作品のように枚数が限定されているケースでは、短期間での納品を実現している業者も存在します。
材質がFR4の場合、納品まで1週間から10日程度を要するのが一般的ですが、一部の業者ではパターン配線が片面もしくは両面のみの簡素なプリント基板であれば1日、4層基板でも2日から3日程度での納品が可能です。
リジッド基板もほぼ同様で、片面や両面のみのタイプは1日、10層までの基板であれば最短で4日程度が一般的です。
フレキ基板はこれらより若干日数を要し、片面基板は2日程度必要とするほか両面基板は4日程度、多層であれば1週間程度となっています。
短納期になるほど料金設定がやや高くなりますが、予算に余裕があり緊急に製造が必要な場合は最適です。
より短期間の納品を可能とするためには、回路図データや設計指示書等の各種資料は不備の無いよう事前に揃えておく必要があります。

新着情報

◎2018/4/4

自動見積もりの活用例
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

試作用の基板の見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 業者」
に関連するツイート
Twitter

間違って発送してしまったドラゴンバスター基板の受け取り手から返事来た。発送後1カ月&中国名&委託発送業者ということで絶望視してたけど、まだ基板は相手の手元に存在してた!よかった…😂 もう心配で心配で昨日のお昼は胃がキリキリしてたよ…。

Twitter namco_two 奈夢子つう

返信 リツイート 9:30

よく耳にするKiCad、Eagleをつかえば、基板を製作する元のデータを作れて、お手頃な業者さんにお願いするかで、基板が調達できるらしい

業者と何回かlt1468-2の件やりとりして正解だったなー 色々と勘違いしまくりだし 変換基板違う奴かったっぽいし あっちで在庫あるから用意してつけてくれるとか神対応最高だな

そう言えば、先ほど業者から連絡が来て基板(電池との通電箇所が破損、タッチセンサーも壊れていた)と電池パック、外装交換諸々で税込5400円でした。 財布が痛い。 というか、よくここまで壊れてるにも関わらず動いていたな。 そっちの方が怖い。

Twitter Haruno_Ku 企画垢@秋.月

返信 リツイート 4/18(水) 15:09

それにしても、最近取引業者におかしいところが増えました。電子部品業界は納期が長期化していますが、6ヶ月納期とか言われて早くに注文した物が実際には代理店で手配忘れになっていたり、基板屋等は予告なく納期遅れたり、そういったトラブルが複数社発生。人手不足?仕事なめてる?

@MasaSwitch 分かるとは中々の通ですねw もういっそ業者に修理出しちゃおうか悩んでるんですよー 原因は分からないし基板の質が悪いからICがかなり外しにくくて…

Zenfone2丸型カバー誤認識修理 基板と下部基板を繋げるフレックスケーブル端子に 一点ショート断線があったのでジャンパー線を飛ばしました。 iPhone・android・他修理ご依頼お待ちしております。 フリーダイヤル0120-881-678  総務省登録修理業者 電波法/R000025 電気通信事業 pic.twitter.com/JxmQYFKdI8

Twitter keitai_jp2 ケータイかいまっくす2号

返信 リツイート1 4/14(土) 12:14

ゲーセンだって、本来は消費者がそれぞれ相応の「対価」を支払って筐体と基板を購入すべきところ、制作者の了承のもと、中間業者が購入した筐体・基板を安価で消費者に遊ばせているという見方だってできる。

ちょっと余所事している間にプリント基板改版のもの届いた。黄色いテープに包まれて 苦労してジャンパ線飛ばすより改版したほうが早いし安いな ←残りの基板業者さんにジャンパ飛ばしてもらったら費用が改版と同じくらい請求された

Twitter yoshida8 HATCH@reportphone.jp

返信 リツイート 4/13(金) 9:54

スイッチ・LCD用基板が結構大変なので業者発注にしとけばよかったかも… pic.twitter.com/zZVLZBHhZ9